« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月

2016年12月26日 (月)

25日~新潟へ

朝5時ごろには子供も起きてはしゃいでる
朝から露天風呂に。
Imga0138
月が綺麗でした。
真っ暗ななかから少しずつそらが明るくなる様をずっと風呂につかりながら眺めてた。
なにも考えずにじっと。
朝食後、子供が速足習いたいってのと、ついでに真ん中も乗りたいって事で、
練習に
足が・・・短いのは遺伝ではないことにしといてください。
終わって帰り支度、オーナーと話すると、
「もう歳だから、やめてしまいたいけど、馬売れないと借金がねぇ・・」とか
まぁ、以前だと、馬13頭ウサギ100匹くらい居て、手伝いが、3人くらい、ってな大所帯だったけど、20年もたつと、そーなるわな、トロフィーいっぱいとってきましたもんね。
私は続けてるかぎり来ますが、いつまでやるかは本人しだい。
まあ私の知ってる限り乗馬ペンションはここだけなので。
帰りにおすすめの土産売り場に
とにかく空が青かった
Imga0014
Imga0015
そして、とてつもない距離の新潟へ18時ごろ帰ってきましたが、とおいな・・・
ようやく、子供に馬に触ることの楽しさを伝えることができました。
ただし、良い先生がいたので、お金を出しただけになってしまいましたが・・・。
まぁいいやwww

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月24日 (土)

24日2/2午後

昼食、近くの洋食屋へ

Imga0111

Imga0112
Imga0114
そこらじゅう犬がいた。
Imga0117
Imga0118
雪がほとんど無い。
Imga0119
Imga0121
清泉寮
Imga0122
Imga0123
1400近くの高所なので、気温が常時低め
Imga0125
Imga0130
富士山がきれいに見えた
20代の時、何か事あるごとに、原付で、ペンションまで来て、馬の世話して、周辺回ってた。
とにかく、馬にブラシかけてる時が幸せでした。
乗るのは苦手な方。
Img_20161224_194931a
夕食のあとケーキまで用意していただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

24日1/2午前

朝食
Img_20161224_080327a
どうかな?と思いましたけど、私よりうまく乗ってました。
私はというと、速足から、場外一時間コース。
いままで場内しか乗ったことなかったので緊張、
というかお金払って乗ったのが今回初めてで、
今までは、ペンションの馬の世話で調教ついでに馬場で乗ってましたので。。。
腰曲がって大丈夫なのかと心配しましたが、「はい、速足!!」の掛け声で、
こっちが「あばばばばばー」ってなってました。
馬に乗ると、年取ってない・・・ってか、上り坂、全力じゃないですか・・・(汗

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月23日 (金)

旅行ですが、、、、10年か、、、、

わたしは、おくれてですけど、懐かしいあの日をおもいだします。
Img_20161223_171941

Img_20161223_191138_2

オーナー、年取りましたね、すっかり白髪であばちゃんからおばあさんに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 6日 (火)

metsä

2015_0214_002754_003_2

2015_0214_003614_004
2015_0214_003600_002
2015_0214_005548_003
2015_0228_024659_001
2015_0228_040045_005
2015_0228_060146_001
2015_0228_060302_003
2015_0228_081056_001
4-5kgほど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 4日 (日)

Ljus och vind

さて、12月になりました。

おもむろにスキー場のオープン日チェックしたら、
Tv246


Tv248


みかわも載ってましたね、冬鳥越も。
といっても、随分先なのでまだゆっくりしてます。
今年は行きたいスキー場が山ほどあるのですが、暇があるかどうかですね。
とりあえずベースは近場で、一度行ったスキー場にはなるべく行かないようにして、
それでも、行ったことないスキー場が山ほど。
バブルの聖地、志賀高原はまだ先ですね、高校の時とはずいぶん変わってるんでしょうけど、高校の担任とクラブの人で、一日かけて滑ったなー、山岳部の。
また行きたい、と思う日々、ではまた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »