« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

2013年1月31日 (木)

しっかりと

受け取りましたよ。

P1070583

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月14日 (月)

三川スキー場30周年

行きませんでした。

正直に。

デススター建設の正式回答が来ましたね。

ここから

http://netaatoz.jp/archives/7680971.html

そしてホワイトハウスは13日までに、政府の宇宙科学担当者名義で回答。「期待されるような答えではない」と冒頭に書き、
デス・スター建造は現実的ではない、と却下した。理由はまず、費用。「85京ドル以上がかかるだろう。
我々は負債増額ではなく、負債減のために今、尽力しているのだ」と説明した。1兆ドル超の財政赤字を解消し、
財政再建することが最優先事項のオバマ新政権に、ケタ違いの建造費用を捻出する余裕はないというわけだ。
回答では「政府は惑星破壊を支持しない」「なぜ1人乗り宇宙戦闘機に左右されるような致命的弱点のある施設に、
税金をつぎ込まなければならないのか」と、映画の内容も盛り込んで、却下理由を説明。
「デス・スターがなくとも、宇宙開発は進んでいる」とした上で、「科学、技術、工学、数学の道を志す者に、“フォース”の加護を!」と、
これも映画に登場する用語を借り、キレイに締めくくっている。

うん、こういう夢のあるジョーク大好き。

特に、宇宙の開発につながる学びをたたえるところが、なによりも好き。

日本もM-Vの後継機のイプシロンロケットが今年8月ごろ発射されると、(去年から)発表があり、なんか生きてて良かった感がひしひしと感じる。

人工知能「ローズ」を搭載したロケット、多分、また擬人化されるのだろうなと予測しながら

wktkが止まらない!!

んで、話し戻して、

01

妙高杉の原、通称"すぎ"に行ってきました。

凄く天気が良い、と言っても私は滑りませんけど。

ミッフィースキースクールとかが目玉。

とにかくスキー場がでかい、でかすぎで笑える。

ゴンドラ8人乗りだし、大昔、私が小学校4年か5年のとききたはずだけど

覚えてないわ。

まぁスクールバスがドカドカ入ってくるし、一学校全部の生徒500人くらい平気で受け入れることが出来るくらいなので、、相当な施設なんですけど。

そんなこんなで子供だけリフトタダなものでいくらでも滑って濃いと。

んなで、こんなところに来るのかというと、また判る人にしかわからない呪文で書くと

いたるまでは100日かかってたのがマテリアルの進歩で50-60日くらいで達成できる

これが専門がつくとそれ以下の到達日数は通常日以上かかるのが15-20日で到達可能ただし子供だと到達日数は最低30はいる30

が今回のミッションはrejectされました、合計15日ですから。

というのが私の答えです

むずかしいかというか知ってた弱点がそのまま出ただけですね

しょうがないかと。

Img_0140

最後に、30周年行かなかったと言ったのですが、実は行きました。

4時ごろですけど。

妙高杉の原を出た後下道で全力で飛ばして、夕方4時ごろ

今日の反省会、出来なかったところを反省してました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 7日 (月)

最近スキーネタばかりですがまた八重の桜とみせかけた三川スキーネタです

昨日、お酒飲んで、よつべ見てたら別のテレビのスピーカーから

「さすけねぇ」という、子供の声に、お酒噴いたわ。

こっちの話だったんですねぇ"八重の桜"は。

んで、180度話変えて、

先日晴天だったので朝一番いそいでリフト待ちして

頂上へ

静寂の頂上

ピステされ、綺麗なスロープライン

パトロールの跡のみ

滑れるのはたどり着けた人のみの特権です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 6日 (日)

新年あけましておめでとうございます。

少し遅れましたが、あけましておめでとうございます。

今年、一生懸命がんばれますようにっ!!

新しい時がきても毎日やることがありまして、まぁそれなりと。

2日初詣と新年会、

今年は二年参りに行かなかっちたのでこの日にとお参り。

午後からスキー場今年初のヒロシさん登場

夕方から新年会

とにかく時間が無くて、発案者なのに会場にも間に合わないどころか

8時までに家に帰らなくてはならない始末、ゴメン。

Img_0130

3日は、家で死んでた、前日のほうが死んでたかもしれない、

なんせ、新年会に向かう直前、寒気が止まらないから風かと体温測ったら

33.9度だった、「そんなバカな」と再度計ったら34.2度だった。

スキー場で雨にたたかれた成果かと。

4日は事件というか嫁が事故起して走り回ってた。

けが人居ないと話聞いたのでたいしたことないかなーなんて、

現場で?外車二台?「あれれ?」みたいな状況。

・・・さすが派手にやったなっと、申し訳ないと思いながら、「やりすぎだろうちの妻」思ってた。

5日はスキーに行ってた。

久しぶりの土曜のモンブラン駆け込み。

Imga0037

ひさしぶりの餃子定食。

でも、今年は5個、去年は大きいの3個

ちょっと味変わってたけど

ここの定番、安いしおいしい、子供も大喜び

店員の方もすごく丁寧で、とても良い思い出。

6日今日ですが、午前中仕事ちょろつと。

話題ついでに、京大の合格条件のハードルを芸術枠により引き下げとあり

まぁ、高卒なものですが、縁無くも無かったので、

凄く良い試みな気がします。

京大「音楽とか恋愛をしてきた人間には入試のバリアを少し下げる」

-秋入学よりも入試制度改革が先、とおっしゃっていますね。

 受験勉強ばかりでなく、高校時代にやっておくべきこと、例えば
音楽とか、恋愛始め人間関係の葛藤とか、幅広い経験をしてきた人に入試のバリアを少し下げる
。大学では意志をもって一生懸命勉強して、卒業してもらう。

出口管理ですね。このように大学が入学試験を変えれば、高校、中学にも波及するのではないかと期待しているんです。

今、子どもの育ち方がひずんでいると思います。偏差値一辺倒で、入試の技術だけ身につけて大学に来る。全員大学に入っても、学力がなくて進路を見失い、社会に出ても役に立たない。医者になりたい人ではなくて、成績のいい人が医者になるように、単細胞でモノレール的なキャリアパスになっています。競争することだけがいいことではない。

 受験勉強ばかりでなく、高校時代にやっておくべきこと、例えば音楽とか、恋愛始め人間関係の葛藤とか、幅広い経験をしてきた人に入試のバリアを少し下げる。大学では意志をもって一生懸命勉強して、卒業してもらう。出口管理ですね。このように大学が入学試験を変えれば、高校、中学にも波及するのではないかと期待しているんです。

大いに賛成。

生きている中でならず必要なことに対し、実社会では、仕事以外の不必要な部分とされて切り離されているように見受けられます、しかし、こうして設定されることは、幼稚園から小学校、中学校と行っている、音楽教育が途切れず、次につながる事と思います。

まぁ、どこまで有効か、どの程度の質なのかはべつとしてと。

あと、恋愛はちょっと比較になるかは疑問。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »