« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012年8月26日 (日)

2012胎内星祭

話はここから

メールにて、***氏「胎内星祭り行きます」?

俺「つーか、完全に忘れてた」

今年の試乗車は・・とホームページ見ると、Sの出展が見当たらない。

「むっ、これは去年しんどくてズボラした俺のブログへの報復か?」

しかも、その記事、書きかけで途中で未公表。

俺は黙って電話かけた

担当「はい***の相談センター****です」

「なんで今年胎内星祭りに出てないんですか!!」

担当「あのー・・担当者に聞いて折り返し電話しますガチャ」

一時間後

担当「担当に聞いたところ諸事情により出展を諦めました」

はっ、なんだそれ、ふざけんくぁwせdrftgyふじこlp

-くぁwせdrftgyふじこlp-wiki-

-くぁwせdrftgyふじこlpとは、インターネットスラングの一つであり、文字に起こすことが困難な、言葉にならない悲鳴などの表現に使われる言葉である。そのため本来音読不能である-

「来年はイベントに出てください」

担当「はい、厳粛にうけとめ、考慮したいとおもいます」

せっかく、金土に予定立てたのに、なんてこった

ヒロシ氏曰く「わすれてたんDAろ~(スズキも)」

その代わりだったんだろか

P1070179qq

○ンダさんがおった。

今日は震災グッズとか、発電機とかそういうのじゃなくて、未来とか星とかを見に来た。(個人的意見)と思ったけど、エンジン音聞きたくて、全力でエンジンかけてやった。

「音が静か・・・」

なんか、V型二気筒のオフロードマシンを満面の笑顔でカソリ大明神から手渡してもらう夢を見たのに、何か違う。

そういいながら、望遠鏡じゃなくて一升瓶を「間違えたッ!!」とか言って持ってきたのは内緒

そう、いつも望遠鏡など持ってきたこともなく、朝起きたら、芝生で寝たて。

ただ、いつも寝る手前に記憶に残る星の綺麗さは幻だったんだろうか

毎年恒例のイベント

     2012  胎内星祭

仕事の都合で、金土となったのですが、

どーにもこーにも。

子供3人だと簡単に動けるわけでもなく、まーでも、ノーメディアデーというのを実地してくれと公から流れてきたので丁度よいかと。

P1070177

赤谷経由で1時間半くらいで着いた

着くと、まだブースの設営中で

店はポツリポツリと

P1070175_2

日差しがとても強く、軽く熱中症になれるレベル

いつも思うけど、この大規模なイベントを開催してくれるボランティアの方々にはいつも感謝です

ゴルフ場の広い芝生開放して、テント設営して、コンサート見れて、夜店で焼きそばたべて望遠鏡のぞいてと本当にこんなイベント日本探してもまず無いでしょう。

P1070182

とにかく、望遠鏡の数々

P1070193

P1070186

昼間みているだけでも楽しい。

掘り出し物もわんさか

パソコンにつないで見るデジタル顕微鏡、

stv451m が300.円で売ってて全部買い込みそうになったが、、、

冷静に、2個ゲット!!

P1070194

豚汁うまかった

P1070191

やらにゃん焼き

また新たな。

うまいらしい

P1070181

ソーラーチョロQ

500円

日の出てる間走り続ける

P1070187

DMFCポータブル電源

直接メタノール燃料電池

燃料はメタノール

電気触媒による電極移動で、電気を発電

水と二酸化炭素しか出さない。

熱も排ガスも音も無い

メタノール入れるだけで永久発電

まだ試験段階だけど、

店舗の中とか人通りの多いところ、

家の中において発電しても排ガスで苦しくなることは無い。

実用化に向けて実験中とか

でも十分使えそう。

と、三菱ガス化学の方。

P1070192

社長??かな

P1070184

海外の人も、

こういうイベントは世界さがしてもここだけらしい。

天文台とステージ

ここだけ入場料300円で望遠鏡見れる

P1070195

P1070204

そして日がくれ

P1070206

ヒロシ氏登場

後座敷氏も登場

P1070218

今年は、人が少なめらしく、でも、以前みたいに、ボランティアの誘導員に絡んで管巻いてる輩が居なくてとてもマナーがよかった

子供たちは、望遠鏡で見る星に感動していた

たぶん学校の宿題の日記には書かないと思う。

P1070211

ふらふらして、テントに戻ったらそのまま寝てしまった

夜中起きた時に見えた無数の星星

すばらしかった

そして朝、

P1070221

来年もまたこれたらなっと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月19日 (日)

アクアマリン復興ブログの中の人@よかったね

震災に関して、あまりコメントをすることがないのですが゜、

もちろん情報や知識としては、毎日見ています。

発信する情報や発信源、意思や利害関係、その向かう方向を分析して

知識として概念や思想として理解しているのは、いうまでもない。

その中で、あの「大震災」は情報の発信源がクモの巣のように複雑で

真実にたどり着けなかった、という理由であまり書けないといのが本当の理由

あw理由を2回も書いてしまいました。

本題に入ります。

震災の日、

福島の水族館も当然被災していました(当たり前か

電気の無い中予備電源で酸素を送り続け、電源が切れた後、

何千(万)匹が死に、水族館もめちゃくちゃな中、私の家族もよく旅行に行った

思い出の地が当時の記憶で再起不能な状態に、悲しんでいました。

とてもたのしい記憶しか無かったので、「もう行けないんだ」と。

しばらくして、

アクアマリンふくしま復興ブログが始まったと思ってたまに見たりしてました。

最初だけですけど。

しばらく見てなかったが、

突然

速報でほたるがなんちゃらとかニュースが流れ

復興ブログの終了について

という突拍子なタイトルが

なにがあったかわけがわからん

とりあえず内容よんでみたけど

団体の圧力によって閉鎖をよぎなくされたと。

でなにがどうかというと、

生態系の世界で、その地域ごとに住む生物は、その地域ごとの遺伝子をもつらしい。

たとえ、同じ国内であって同じ昆虫でも、その種類をそこで繁殖することは

元の遺伝子を持った生物を絶滅させてしまう可能性があるらしい

(長野県辰野町松尾峡のゲンジボタルは関西から大量に蛍を放流し、原種は10㌔はなれたところに、わずかとか)

本当に原種が絶滅してしまった地域が実際にあるとか。

ってのを辰野の外来ってのでみた

で話を元に戻してと、某温泉組合が中心の復興イベントで、蛍の放流をおこなったらしいが、それが、単なるパフォーマンスに近い、gdgdな放流だったらしい

写真を見ると、水路に鯉に食べられないように網張って泥砂の、とても、なんていうか、あかるい復興計画、みたいな

で、水族館としては、異種外来は絶対にもちこまないでと訴えかけてきた過程があるが、「地域おこし」とか「環境保全」とかいう大義名分で参加させられた、ごり押しされたけど地元イベントだから反対意見が言えず言えなかったが、その水族館の職員が今回の事件の発起人

-------------------------------------------------------------------------

「情報発信する際にこのような圧力がかかる可能性があるのであれば、現在の職を続けていくことは私には無理です。

ということで、私の机の上には今、明日、提出する予定の退職願が置かれています」
--------------------------------------------------------------------------
という言葉と写っていた、「退職届」
そして
最後に
-------------------------------------------------------------------------
-水族館が、地元の温泉街のイベントにクレームを付けるということは、本来、やってはいけないことです。
しかし、これは福島県全体の信用に関わることです。
私にしか知り得なかった事実は、私が公表する義務があると思い、この記事を書いています。
ただ、会社の業務命令としてこの記事の削除を求められるかもしれません。
ですから、退職願を明日、出すつもりでいます。
------------------------------------------------------------------

そして

---------------------------------------------------------------------

-このブログの記事は7月31日に非公開設定に致します-

---------------------------------------------------------------------

消しちゃうのですね。

たぶん誰か魚拓とるのだろうけど

記事全文の魚拓

んーーーどちらとも良いとも悪いともいえないけど

個人的には、難しい言葉を調べ上げるというか、

その人が、ここまでくるに至って、何を元に何に向かって行くのか

真実を貫こうとしているのか、何の対価のため?名声か?

相手は、当然、「お金」て゛あことには間違いないが、

当本人は、「名声と意思」しかのこらない、お金も職も批判も抗議文も信用も無くして。

そんなことは個人の自由な考えだろうけど

何が悲しかったかというと、

この時代に、まだ、そういう脅しがおこなわれているという事実

「はぁー」の一言

この人がこれで、辞めてしまえば、アクアマリンふくしまにとってすごい損失になることは

私のほかだれもが思ったと思う

私も真実を書いているので凄い損失ですが・・・

{「もう、アクアマリンふくしまには行かない」

と思い、ふと

今日消されたブログを見ると

アクアマリンふくしまの復興日記

涙がとまらん

とても苦労が多かったでしょうが

本当によかったですね

そして重要な言葉が一つ

----------------------------------------------------------------------

もう一つ、現在の福島県を取り巻く重要な問題として、「科学的に証明されていない事象」が福島県に蔓延することを抑止するためでした。

------------------------------------------------------------------------

それは何処にいたっても阿賀町でもそうですよ

でもほたるプロジェクトも、板橋区ホタル生態環境館の人も180度転換したんですね

水族館も、ただの水族館ではなく、社会の風潮ではなく、個人を尊重した象徴、に見え

震災前よりも、存在感がある

うん、近く、アクアマリンふくしま行きます。

(行かないって言ったけど)

追伸

県知事登録っつー紙届きました。

スタート台に乗りました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年8月10日 (金)

はぁー久しぶりに更新@dd-wrt

現在、ひまなのかいそがしいのかと、自問自答。

なんだかね、どうなることやら

最近、ルーターを変えようと思いまして。

まぁ、DD-wrtをこよなく愛してましたのですが、

さすがに、今のルーターのスペックと多様性に傾きまして、

買いました、4600円(何かは内緒)

買ってすぐにDD-wrtに変更。

機能は

usb over IP

nas管理(ちゃんとパーテーション管理出来る)

VPN

web 管理(外から確認できる)

DDNS(カスタム出来るので、どこのを使ってもOK)

んで、VPNからルーターにつないだUSBメモリーにファイル入れたり出したり

トラフィック除いたり

ちと気になって、動作具合見たら

Ssk

ぐはっ!!

CPU100%超えてる

さすが、あしろす、見た目とは逆に貧弱

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »