« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011年2月28日 (月)

修復完了

R0011452

ボンドが乾いて終了

なおりました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月27日 (日)

工芸品修復編

むーーー前日、ピーを壊されたので、ガラスを買いに行く。

ついでに、以前から携帯電話壊れてたので、新しい電話機買いにいく

んで、AUのデジタルフォトフレーム購入

母親に写真送ってと言われたけど送る暇がないので・・・

PCからも送れて便利。

R0011446

んでガラス加工

電話で事前に2500円くらいと聞いてたのですが実際は工賃込みで2枚で1500円

安い

工賃は1枚150円なので2枚で300円

R0011444

R0011445_2

んで家に帰ってきてから修復作業

前日に割れた木の張り合わせ

R0011447

うーんうまくいってる

R0011449

カットされたガラス

外した支えと溝に慎重にガラスをさしいれていく

すべて溝にはめた後に、抜いた支えにボンドを付けて、差込み、

最後に、重石をのせて一晩くらいかな?

R0011451

R0011450

明日の朝にはくっついてると思う。

うん、これでいいや。

同じような修理なら時給800円くらいで受けますよ。

あ、あとヤマトヌマエビ6匹購入。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

やっちまったか。

お遊戯会で仕事休み取った。

この状況下、休みとりずらかったんだけど・・・

子供の演技も見てて半分見てないような感じで

終了

まぁここでは割愛しますが、それなりの人間模様が見えるようですね

家に帰って、嫁と話してると、おもちゃをひっくり返す音が・・・・

そして泣く声が聞こえるので行ってみると、

タンスが倒れとる。

その下から鳴く声。

まるで大地震が遭った後のような部屋

タンス起こすと次男が下敷きに・・・

とりあえず生きてる。

生きてるはいいけど、なんがすごいものが落ちてる。

ガラスケース付の久月の鎧兜たしか、10万ほどの嫁のじーちゃんに買ってもらったやつ

長男次男、超説教

3時間くらい説教した。

それはともかく、

おまえ、いくらスーパー職人と言われても、久月の職人さんが組み立てた工芸品なんて修復できないぞ

途方にくれてた、

なんせ、割れやすい木に波釘打ってボンドで止めてるからばらしすことも出来ず

ガラスの入れ替えなんて無理

継ぎ目をハンマーでこつこつとたたいてボンドずらしたいけど、天板と側面のほかのガラスが割れる

ためしに軽く叩いて見ると、「・・・・いけそう」

さて、ガラスを調達してこないと。

R0011441

んでなぜに倒れたかというと、タンスによじ登ったから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月20日 (日)

最近ときたら・・・

オーズドライバーようやく店にでてきたようですが、トイザラスにはまだ無かった。

上越のジャスコには2つほど現物があったけど、オーメダルは無し。

セットもガシャボンも食玩もまったく無し。

タジャスキャナーってやつ?あんなに高いのに一つも無し。

どーなってんだ?

オーメダルセット01はベルトと一緒に買ってたけど、

「どーせやすくなるんだろなー」と

結果ぜんぜんやすくならんどころか、01のセットすらみあたらん。

たしかに今までにないおもちゃだったけど、一体誰が買ってんだ???

バースドライバーはあいかわらず山積み。

アレは欲しくない。

品薄まだ続くんだろーな。

そうそう、

新しいプリキュア始まりだしたが、見た瞬間「ん???どっかでみたような・・・」

昔、500円で買った、アニメDVDで神曲奏界ポリフォニカそっくり

あれはバイクと音楽と精霊の無理矢理なコラボレーションだったけど

絵のタッチだけでなくて

音楽が題材で

主人公がコーディにそっくり

声まで良く似てる

まぁ、最近のはやりか、分からないけど、家族一家音楽好きなので見てますけど。

ってか絵描きだれなんだろ?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月18日 (金)

雪がとけたら。

長く寒い日が続いてた。

仕事で電柱に登ると、屋根の上まで見える。

山の景色も良く見える。

この職業の特権だけど、山の雪は解け始めたようだ。

今年の冬は、以前とは大きく違う。

雪は多く、いっぺんに多く振り、そのままずーーーっと雪に覆われてた。

大雪は別段珍しくもない、

違うのは、人の流れ。

以前は、町外の方が少し居る程度だった。

今年は町内の人が多く、連日、町内の人でにぎわってた。

当然町外の人も半端なぐ多く、スキー場は盛況でした。

この状況を解釈すると、

町営のスキー場は、外来者からお金を稼ぐものであって、われわれがお金を払ってしまっては意味がない

というのが、以前゛の状況であると思うが、これは誰でも見え透いてるので、あえて違うスキー場にいかざるえない状況だと思うよって赤字。

が、

まず、自分たちがそれを楽しみ、それに安全と安心を見据えて、来るお客。

いわゆる、それを知ることにより、「こうしたらよいではないのか」という、支え

今年はそれがあったとは思う。

けれども、くさい不味い横柄な態度から立ち直ったキューピットバレイからするて天と地ほどの差があるのだが。

まぁ、だれにも進めることが出来るスキー場に早くなってほしいかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »