« 室谷アタック序章 | トップページ | 室谷Attack!! 第二章 REVENGE!! »

2009年7月 2日 (木)

室谷Attack! 第一章

Ca370144

阿賀町に来てから、一度は走りたいと思ってた林道があった。

ついに本格的に、山頂目指したい、願わくば突破したい林道があった。

5月17日に遠征隊を立ち上げ、目指すつもりだったが、大雨であえなく延期

5月24日に再アタック、の為召集。

しかし雪が残っている気がしたので、その辺の装備、燃料をバックアップする必要があった。

S○Xさんに、トラロープとノコギリを借り、(ありがとー)

ジパングに9時半集合と予定を立てつつ、遅れるなと思い(ry

いろいろ調整、と装備を取り付けジパングで待ち合わせ。

どんな感じかと言うと、

Img_1805

こんな感じで、待っていた、さぞかし羨ましい冷たい眼でみられてただろうに。

早々集まってきた隊員は

mosa氏"sx125

hiroshiさん"ディグリー

おかもさん(今回初対面)"DR125

と俺、DT51か2

mosaさん「このスコップ何に使うんですか?」

hiroshiさん、俺「雪掻き!!」と即座に返答

信じていない様子だった。

来るときに、タイヤの空気圧がカナリ少なかったので、自宅にて調整&買出し

Img_2800 

sx125も少し減っていたので、注入

そして、買出し(キリンフリー)と給油

時間もけっこう掛かってるので、広域農道を突っ走り、室谷の山菜料金所で説明するとあっさり通過、そして、林道の入り口で、装備確認。

Img_1813 

ここで一服

まさかこの一服が地獄絵図に変わろうとは・・・

出発、去年工事の為閉鎖されていたゲートは、無く、そのまま通過

前回来た時の雪はまったく無く、走り続ける、

途中、景色の良いところで休憩

Img_2800_2

タケノコとれそうな場所だったけど、時期早すぎで取れず。

でも雪など何処にも無く、スムーズにここまで来れた。

雪があるなんて頭からすっかり抜けてた。

が、それが、地獄の始まりだった。

雪が、見え始め、少し走ると少しずつ・・・

Ca370 

はいっ、地獄か天国よくわからないw

Img_2800_4

こうなってしまったとさ。

Img_1826

もはや、林道を高原を走るが如く、気持ちいいすがすがしいとか

ま  っ  た  く  無  く

「この先には天国があるに違いない」と間違ったマゾスティック思考回路

超える事だけに快感を覚え、何台も突き動かす、間違った変態思考

Img_1839

俺「このスコップは冗談と思いましたか?」

mosa氏「・・・」

MOSA氏は ま  ん  ざ  ら  で  も  な  い  ら  し  い

まさにスズキ=変態

レベルで言うと、

LV0 スズキ?どうせ典型的変態が乗るものだろ?どうでもいいよ…
LV1 ふーん…どっちかってーとスペック重視なのか?GSX-Rって油冷?
LV2 この隼とか…ちょっといいかも…
LV3 やっべSVマジヤッベ
LV4 やべぇGSRとかTLとかもすげぇ可愛い… B-KINGだけ邪魔だ
LV5 マジこのB-KINGどうにかなんねぇのか?マジウゼェ…
LV6 B-KING結婚してくれ!
LV7 やべぇB-KING最高!B-KINGと水さえあれば生きていける!
LV8 B-KINGと結婚した!俺はB-KINGと結婚したぞ!!
LV9 やっぱ湯呑みは最高だわ
LV11 なんだよじゃねーか!
LV13 チョイノリだか三杯酢だか知らねーけど
LV46

┠~~~┐リアルな鈴菌に
┃  ●  ∫かかったみたいに
┠~~~┘この胸に焼き付いた
┃      まぶしい笑顔
LV121
もう本当にいじめられたい
GSX1400様のオイル抜いた後のドレンボルトのワッシャーに付いたオイルの固まりを主食として生きていきたい
いかん、勃起がおさまらん
フヒヒ…東京タワーっ…
そんな、勿体のうございます…いえ、γの煙幕なら喜んで頬張らせて頂きます…
あああ!咀嚼する度に口の中でオイルが!CCISが踊ってらっしゃるぅ!!
MAX これは たんなる バイクでは 無い   ←いまココ!!

mosa氏だけならまだしも、今回は握力60のDR125のおかも氏がいる

つまり、カワサキのライムグリーンを超えた!!

ライトイエローの筋肉マン、まて?イエローが二人も?

俺もhiroshi氏も青だぞ?!?!

おかしーな、体が変だ??

巻き添え食らってレベルMAXか??

はいっ!!巻き添えくらって、LV MAX、山頂で、豚汁大会。]

Img_1837

山頂と言っても、周り一面

Img_1838

Img_1834

ごらんの通りである

人っ子一人おらん

キリンフリーで乾杯!!

地竹の豚汁は好評でした。

電工ナイフも大活躍(タケノコ切るなヨ!)

おかもさんが、少しLVダウンで「寒い」といい始めた

変態パワーが足りないようである。

走り出したが、

Ca70149

Ca370150

Img_2800_5

散々たる、なんとか祭り。

これが、目指した天国なんだろうか疑問である。

さらに、道を抜けようと、走り出したはいいが、

そろそろ、山詰め。

雪の壁が現れ、

一人DTで偵察に行くことに・・・

Img_2800_6 

しばらく雪の中走ると、巨大な壁が現れた

Ca370147

しばらく悩んだ。

落差7mは有る

今までのは、変態祭り  遊び、レジャーの一環で、コレを超えると

変態祭り  レジャーを超えてしまう。

つまり、ロープを使って降りるはいいが、帰ってこれる自身はDTしか引き上げれない(変態パワーが足りない)

でも、エルドラドか桃源郷か人生曼荼羅かよくわからん不思議発見クイズ

もうどうでもいい!!

とバイクを捨てて、落差のある雪を降り

Ca370146

一人歩き出す始末・・・

雪中訓練かと、道を歩き、10分くらい歩くと・・・

広場が見え

Ca370145

室谷ー金山峠の中間地点標識

丁度20km地点・・あと18kmほど・・・

俺ひとり、みんな置いてきてしまったのを悔やんだが、

それにしても・・・

地球がきれい・・・いや福島側の風景が・・

いや、福島の姿が、見えた!!

とんでもないシュチェーションだった

誰もいない、たった一人、その景色をみていた・・・

Ca370144_2

どこまでも、山を続く林道がはっきり見えた。

鈴菌に感染し散っていった戦友たちを思い浮かべると悔しくてならなかった。

もう、この先には行っても帰ってこれる自身が無い。

捨てたバイクの地点まで戻り、そこから突破してまってた戦友のところまで戻り

(苦情)事情を報告。

あえなく下山することに・・・

帰りも、超えてきた雪壁を越えなければならないので

人生曼荼羅かよくわからん不思議発見クイズ&スズ菌後の祭り

今回、バイクでしか経験出来ない、とても大変だったと思います。

A級でしょうか?多分AA級だと思います。

進路には、慎重かつ念入りなチェックをしています。

棒をつっこんでホールできてないとか、スラフなど出来てないし、雪尻なんか有る分けなかったけど、それなりの装備で挑んでます。

ハイクアップでボードをしていた時の経験が役に立ったと思いますが、

特にそれほどではなく、今時期かなり安定してました。

あたりまえですけど。

とにかく、金山町まで行けなかったのが悔しく、

敗戦となりました。

が、これで諦める変態では無かった。

「もう少ししたら雪が消える・・・」

次、再編成でいどもうと話があり、

6月21日へ再アタックをかけるのであった。

室谷Attack!!Revenge!!へと続く。

おまけ

Img_2800_7

参考リンク

半分バイク海苔な日々、室谷遠征

mosa氏のブログ、室谷林道

|

« 室谷アタック序章 | トップページ | 室谷Attack!! 第二章 REVENGE!! »

オフロード林道探検シリーズ」カテゴリの記事

コメント

雪越えツーリングは毎年恒例と制定致しますm(_ _)m

投稿: hir○shi | 2009年7月 2日 (木) 21時58分

来年は
一般人の意標を突いて、(掻い潜って?)
発表します

投稿: B-XEL | 2009年7月 2日 (木) 23時39分

あの日一番根性あったのは、うまーな、ねまがり入ってたビンでござる。開けるのにフルパワー!昔の海苔の佃煮のビンみたいです

投稿: おかも | 2009年7月 3日 (金) 07時36分

あのビン作った本人は根性曲がりすぎ

来年はタケノコ本気取り。

投稿: B-XEL | 2009年7月 3日 (金) 21時17分

来年の雪中行軍に参加希望です。

え?変態じゃないっすよ?
400乗るならSVと考えてましたが、SRX乗ってますし・・・・・
えぇ、ロリコンである事意外変態じゃないっすよw

投稿: S○X | 2009年7月 3日 (金) 21時46分

S○Xさん
変態だが認めない変態さが素敵ですね。

投稿: B-XEL | 2009年7月 6日 (月) 22時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/540282/30376074

この記事へのトラックバック一覧です: 室谷Attack! 第一章:

« 室谷アタック序章 | トップページ | 室谷Attack!! 第二章 REVENGE!! »